A12:インバウンド・アウトバウンド・旅行業界復活までのロードマップ

2021年8月11日(水) 17:15 – 18:15 場所:オンラインA会場

新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けている旅行業界ですが、世界各国の現状は国ごとに大きく異なっています。本セッションでは、旅行観光業界の最先端でご活躍されている皆様をスピーカーにお迎えし、世界のリアルな旅行業の現状、いつ国境が開かれるかの予測、そして、今だからこそ何をしてコロナ後のスタート地点に立つのかということを、ホットな事例を交えて余すことなくお伝え頂きます。旅行観光業が復活・発展していくためには、どんなことが大切なのか?ぜひご確認ください。

録画動画

キリロムグローバルフォーラム プレミアム・一般チケットをご購入の方のみアクセス可能です。すでにチケットをご購入の方はログインをお願い致します。

※また、セッションを個別にご購入いただくこともできます(購入日から1週間視聴可能/1セッション2,000円)。『A12:インバウンド・アウトバウンド・旅行業界復活までのロードマップ』の個別購入をご希望の方は、こちらのリンクからご購入手続きをお願いします。

(一般・プレミアムチケット購入者のみ・12/31まで)

パネリスト

柴田 啓

ベンチャーリパブリックグループ 
共同創業者 兼 代表取締役CEO

トラベル・テクノロジー分野におけるグローバル起業家。
20年のキャリアにおいてIPOやMBO、2件のエグジットの経験あり。
シンガポール、東京を拠点にして、日本最大級(ウェブサイト月間訪問数2,500万 + LINE公式アカウントフレンズ数2,300万)のオンライン旅行比較・メディア「トラベルjp」(https://www.travel.co.jp/)、チャットによる出張手配・管理サービス「トラベルjp forBusiness」(https://lw.travel.co.jp/)、シンガポール発グローバルオンライン旅行ガイドメディア「Trip101」(https://trip101.com/)、韓国におけるモバイル旅行比較アプリ「allstay」を傘下に持つベンチャーリパブリックグループの共同創業者 兼 代表取締役CEOとして世界をまたに活動。
トラベル x テクノロジーをテーマにしたアジア最大級の国際会議「WIT Japan & North Asia」カンファレンスの共同創業者兼実行委員長も務める。
シンガポール、韓国、日本、米国、インド、台湾、インドネシアなど、旅行・観光分野を中心に国内外におけるスタートアップ企業へのアーリーステージ・エンジェル投資も手がける。
慶應義塾大学、ハーバード・ビジネス・スクール(MBA)卒業。
ノルディック・アルペンスキーヤー、スノーボーダー。

伊達 美和子

森トラスト株式会社・森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社
代表取締役社長

東京都出身。慶應義塾大学大学院修了。
総合コンサルティング会社勤務を経て、1998年森トラスト入社。2011年には森トラスト・ホテルズ&リゾーツ社長に就任し、2016年6月から森トラスト代表取締役社長を務める。
グループのホテル事業の原点となる、日本初の法人会員制リゾート「ラフォーレ倶楽部」の創業精神である「人々に彩り豊かな体験を提供したい」という想いを継承し、全国でホテル事業を展開。そして森トラストの社長就任以降、日本各地におけるラグジュアリーホテル開発を通じて「ラグジュアリー・デスティネーション・ネットワーク」を創造し、日本の観光先進国化に貢献することを事業ビジョンとして掲げている。
その事業ビジョンの下、日本各地に世界基準のホテルを誘致、その土地ならではの食体験や温泉といった観光資源を世界に発信し、新たな観光需要を創出してきた。さらに2017年には、「土地の魅力を最大限に生かす」ことをコンセプトに自社ホテルブランド「翠/SUI」を立ち上げ、京都や沖縄といった日本有数の観光地で展開している。
コロナ禍においても、ワーケーションを始めとした新しい旅のスタイル提案を推進し、国内観光の需要を喚起。さらに、経済同友会「観光再生戦略委員会」において委員長を務め、アフターコロナを見据えた持続的な観光の在り方について議論を重ねている。

原田 静織

TOUCH GROUP株式会社
代表取締役

インバウンドビジネスコンサルタント。
中国上海生まれ。上海外国語大学にて日本語を専攻、1996年に来日。
2001年青山学院大学経営学部卒業、IT企業を中心にビジネスデベロップメント&マーケティングのポジションを歴任。
大手ソフトウェア企業のマーケティング・ディヴィジョンのトップとしてマーケットシェア1位を獲得。2013年9月から2年間のトリップアドバイザー代表取締役社長を経て2015年インバウンドビジネスコンサルタントとして独立、株式会社ランドリームを設立。
2020年7月には新たにTOUCH GROUP株式会社を立ち上げ、動画クリエイターのマネジメントを行うマルチチャンネルネットワーク(MCN)事業及びアジア富裕層向けのメディア事業等にも進出。
これまでに、観光庁広域周遊ルート検討委員会委員、観光庁観光立国ショーケース検討委員会委員、明日の日本を支える観光ビジョン構想会議有識者、三重県観光検討委員会委員、農林水産省食と農の景勝地審査員、スポーツ文化ツーリズムアワード審査員等を歴任。

〈兼務職〉
株式会社 ランドリーム 代表取締役
WILLER株式会社 社外取締役 ,株式会社ビジョン 取締役
観光庁アドバイザリーボード委員
三重県観光検討委員会 委員

温井 和佳奈

Blooming Life International Co., Ltd.
代表取締役

大手証券会社勤務を経てボストン大学国際関係学部卒業。Webデザイン会社を12年経営後、デザインを通じた女性の自立活動として2010年からカンボジアでデザインコンテストを毎年主催、サポートを継続し、現在はプロとして活躍するカンボジア女性多数。
2014年、現地法人設立、カンボジアのイオンモールに出店。カンボジア女性のデザインを商品に入れ販売を開始。何度となく撤退寸前に追い込まれながらも、「アメージングカンボジア」は現在2店舗とファクトリーを運営。上質なカンボジア産のオーガニック製品などを扱う店となり観光客からカンボジアの王室までご来店する「現地企業と共に成長するお店」として人気店に。イオンモールの顧客満足度調査168テナント中、1位。