「台湾から見ると香港問題はどのくらい深刻なのか?」〜専門家に聞く本音シリーズ〜

  • 2020年12月11日
  • KGF
KGF NO IMAGE

2月に開催されるKirirom Global Forum 2021 – キリロムグローバルフォーラム 2021 – のプレイベントとして開催される、専門家に聞く本音シリーズ 「台湾から見ると香港問題はどのくらい深刻なのか?」

本日は台湾問題の専門家としてテレビやメディアに出演されている藤重太さんのお話を中国市場に強く、九州のテレビ局でコメンテーターを務める一級建築士の迫慶一郎氏が深くお話をお聞きします。そして、対談後は、オンラインイベント参加者全員がつながるネットワーキングセッションをご用意。少人数グループによる、深い交流を図れるひと時となります。イノベーティブなオンラインネットワーキングツール、Remoを利用します。

【zoomリンク】

 

セッションに参加・コンテンツ視聴のためにはアカウント登録が必要です。
無料でセッション・ネットワーキングに参加していただけるので、是非ユーザー登録をお願い致します。

アカウント作成ページはこちら

Zoomリンクはメールアドレスよりお送りさせていただきます。

 

ログイン

【Remoリンク】

 

セッションに参加・コンテンツ視聴のためにはアカウント登録が必要です。
無料でセッション・ネットワーキングに参加していただけるので、是非ユーザー登録をお願い致します。

アカウント作成ページはこちら

Zoomリンクはメールアドレスよりお送りさせていただきます。

 

ログイン

【詳細】
日時:2020年 12月 11日(金曜日)20:00-22:00 (JST)
場所:Zoom / Remo

【タイムスケジュール】
20:00-20:05 参加者入室
20:05-21:05 対談
21:05-21:55 ネットワーキング
※対談の長さにより、ネットワーキングのお時間が変更になる場合があります、ご了承ください。

<講師略歴>
■藤 重太(ふじ・じゅうた)
アジア市場開発・富吉国際企業顧問有限公司 代表
1967年、東京都生まれ。国立台湾大学卒業、経営学士、日台交流・国際経営アドバイザー。92年香港でアジア市場開発設立。台湾経済部政府系シンクタンク 顧問、台湾講談社メディアGM 総経理などを経て、現在は日本・台湾で企業顧問、相談指導のほか、「台湾から日本の在り方を考える」「日本人としての生き方」などのツアー・講演活動を展開。著書に『中国ビジネスは台湾人と共に行け』(2003年)『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』(新刊)。

<モデレーター略歴>
■迫 慶一郎(さこ・けいいちろう)
1970年、福岡県生まれ。1994年、東京工業大学卒業。1996年、東京工業大学大学院修了。山本理顕設計工場を経て、2004年、SAKO建築設計工社設立。2004~2005年、米国コロンビア大学客員研究員、文化庁派遣芸術家在外研修員。
北京と東京と福岡を拠点に現在までに100を超えるプロジェクトを、中国、日本、韓国、モンゴル、スペインで手がけ、数々の受賞実績を誇る。建築設計とインテリアデザインを中心としながらも、グラフィックや家具、都市計画マスタープランまで、その仕事範囲も多岐に渡る。
2017年、海外の日本人起業家ネットワークである一般社団法人WAOJE設立、初代代表理事に就任。2018年、WAOJE東京支部長を務めている。
著書に「希望はつくる あきらめない、魂の仕事」(WAVE出版)

■イベント詳細
主催:Kirirom Global Forum 2021 実行委員会
運営:KGF online

【参加費】
無料

【利用システム】
ビデオ会議アプリ Zoom
※Zoomをはじめて利用される方は、事前にアプリをインストールをお願いいたします。
https://zoom.us/download
remo
※スマホ、タブレットは対応しておりません。パソコンからのアクセスをお願いいたします。
https://remo.co/

【ご参加の流れ】
方法①Facebook イベントページに記載されているURLにアクセス(前日掲載)
方法②KGF Onlineウェブページよりご参加。このページにも前日にURLを掲載
方法③前日日本時間22時に配信されるメールのボタンより参加

【Kirirom Global Forum 2021とは】
昨年まではキリロム会議と呼ばれていた2014年から開催されているイベントが日本語だけでなく英語のカンファレンスも併設することとなり、またオンライン・オフラインのハイブリッド化と共にブランド変更を行いました。

<Kirirom Global Forum沿革>
・WAOJEのイベントとして開催(愛称:キリロム会議)
第一回:2014年9月 参加者10名
第二回:2015年7月 参加者20名
第三回:2016年7月 参加者30名
第四回:2017年7月 参加者48名2018年9月にプノンペンで開催されたWAOJE GVFのメインスポンサーとしてキリロム工科大学がプログラムデザインを受託。400名を超える参加者で大成功。・運営体制がキリロム工科大学主催に変更。
第五回: 2019年2月 参加者50名
第六回: 2020年2月 参加者100名・運営体制がKirirom Global Forum 2021 実行委員会に変更。
第七回: 2021年2月 目標外部参加者1000名(一部オンライン参加を含む)【KGF onlineとは】
日本のみならず、海外のビジネスパーソンによって構成されるコミュニティ。KGFonlineの運営・システム開発などはキリロム工科大学の学生を中心に行っております。